カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

楽園・来間島 楽園の果実

「宮古島の太陽と豊かな自然が育んだ島の恵みを届けたい」

1本のマンゴーの苗木から始まった「楽園の果実」

楽園の果実―それは来間島の1本の小さなマンゴーの苗木との出会いから始まったそうです。

宮古島の大地に植えられたその苗木は、降り注ぐ太陽とミネラル豊富な大地に育まれすくすくと成長し、やがて沢山のマンゴーを実らせるようになりました。

そして今では、豊かに実ったマンゴーを多くの方々にお届けできるようになりました。

宮古島の太陽と豊かな大地が育んだ恵みのすばらしさを、宮古島を訪れる人々に知ってほしい。豊かな宮古島で採れた最高の素材を活かした自慢の品々を通して、多くの人々に宮古島を知って欲しい。そうすることが、生産者や宮古島に活力をもたらすはず。楽園の果実はそう考えています。

今では、自社商品の製造販売だけでなく、宮古諸島の優れた海産物や加工品などの販路を広める商社的役割も担っています。

美しい砂浜とサンゴ礁に囲まれた“楽園の島・来間島”

宮古島の南西部、美しい白砂の与那覇前浜の対岸に浮かぶ来間島。宮古島本島とは、来間大橋(1995年開通、全長1,690m)でつながっており、宮古空港からクルマで約25分で行くことができます。

来間島に向かって来間大橋を渡る時、橋の両側に拡がる珊瑚とエメラルドグリーンの美しい海の情景はまさに楽園と表現される所以。余りの美しさに見とれてしまうほどです。

周囲約10kmの来間島は、島の大半がサトウキビ畑に覆われた農業の島。のどかでゆったりとした時間が流れる来間島独特の雰囲気が、訪れる人々に至高の癒しを感じさせます。

サトウキビ畑を抜け海岸に出ると、白砂の美しい砂浜と珊瑚の海が目に飛び込んできます。楽園の名にふさわしい美しい景色は、時がたつのも忘れ飽きることがありません。

100%再生可能エネルギーへの挑戦に世界が注目

宮古島では、沖縄電力がメガソーラー発電と風力発電による再生可能エネルギーの実証実験を進めています。

そして来間島では、世界にも類を見ない100%再生可能エネルギーによる電力供給の実証実験が始まります。「来間島再生可能エネルギー100%自活実証プロジェクト」では、島内の公共施設の他、全世帯へのソーラー発電システムの設置を進め、島の生活に必要なすべての電力を賄うことを目指しています。

人口3,000人余りの小さな島での壮大な挑戦!

来間島に対する国内外の注目が、今後一層高まることが予想されます。



宮古島の素材の味が楽しめる楽園の果実cafe & おみやげ館

来間大橋や与那覇前浜の美しい砂浜を一望できる来間島の人気スポット、竜宮展望台。そのすぐそばに、来間島で人気のカフェレストラン「楽園の果実cafe &おみやげ館」があります。

花と緑豊かな南の植物に囲まれた赤瓦の建物。アジアンテイストの店内。外にはテラス席もあります。

宮古島の旬の素材、新鮮な材料を活かしたオリジナル料理のほか、濃厚な果物の味が楽しめるジェラートやフレッシュジュースが堪能できます。

カフェレストランの入り口では、楽園の果実のオリジナル商品や楽園気分を高めるセレクト商品を扱うスーベニアショップを展開しています。

<製造元データ>

有限会社 楽園の果実

沖縄県宮古島市下地字来間259-2

Tel : 0980-76-2991 ax : 0980-76-2999

沖縄宮古島の豊かな素材を活かした商品づくり

楽園の果実では、宮古諸島や沖縄の豊かな自然の恵みを活かした商品づくりを行っています。

素材の良さを最大限に引き出すために、じっくりと丁寧に心をこめて作り上げることにこだわっています。

主なオリジナル商品は、、、

●パウンドケーキ(マンゴー、ドラゴンフルーツ、バナナ、ベニイモ)

4色ゼリー(マンゴー、ドラゴンフルーツ、アロエヨーグルト、シークァーサー)

●ジャム(マンゴー、ドラゴンフルーツ

●宮古石鹸(みやこはちみつ、どらごんふるーつ、うみのしお、もろへいや)

このほか、黒小豆、天然蜂蜜など。

楽園の島・来間島のこだわりの作り手、楽園の果実のラインアップから厳選してご紹介します。

ページトップへ